医療求人はいろいろとあります。

たくさんの人が、病院の中などで苦しみながらも生活しています。医療求人、その世界に入って患者を救いましょう

医療求人の心得です。

僕は病気で来年で14年目になります。3回入退院を繰り返しました。たくさんのお薬、注射も打ちました。肌の色も変わって、まっすぐ副作用で歩けなくなりました。それでも生きていたい。砂漠の真ん中にある一つのタンポポでもいいので、生きて行きたいです。その中で医療求人はいろいろと人を心の不安や、大丈夫だよ、と、優しく手を伸ばしてくれるのは、医療の研修生などです。不思議と安心するのです。両親も、あまり病気の相手しなくなりました。それでも、医療の方々は、話に入ってくれます。生きて行きます。命が尽きるまでです。必ずです。

現代医療はそれでも発展したと思います。どんなに辛くても悲しくても、医療がそばにいるから悲しくありません。寂しくありません。例え孤独でも、一人むなしく時の狭間を漂っていたとしても。医療の求人の方々には、できれば、夏の夜の雨が、止んだ後の快晴に濡れた、アサガオのように雨露の中で輝いていてほしいのが、僕の医療に対する願いの一つです。怖くないよと、笑顔でいてあげることに何よりも大切さがあると僕は思います。例え15年早く寿命が短いとしてもです。医療の求人は、あまりにも過酷ですが、人を救いたい気持ちが大切です。